GAFAはもはや生活には欠かせない存在

スポンサーリンク
ETF

私が日常的にしようしているアメリカ製品を紹介します。これらは、生活必需品であるため、不況時でも株価が下がりづらい可能性があります。

スポンサーリンク

生活必需品のアメリカ企業

  • Apple→iPhone,Mac,iPad,Airpods
  • Johnson & Johnson→コンタクト
  • Kraft Heinz→チーズ、ケチャップ
  • Google→Youtube,Google検索,Google Maps,Googleフォト,Gmail
  • Facebook→InstagramとFacebook
  • Exxon Mobil →ガソリン
  • Starbucks →コーヒーなど
  • Nike→シューズ
  • McDonald’s→食事
  • Coca-cola→コーラ・ファンタ
  • PepsiCo→ペプシ・ドリトス
  • Amazon→配達、AWS
  • Microsoft→Windows,ワード、エクセル、パワポ。
  • VISA→カード
  • P&G→ファブリーズ、アリエール、ボールド、パンテーンなど洗剤系
  • Disney→東京ディズニーランド、シー
  • The Boeing→飛行機
  • Uber→配車サービス
  • Twitter→必需品
  • Netflix→動画配信サービス
  • Airbnb→シェアハウス

こんな感じですかね。グロース株ばかりですね笑 

GAFAはもはや生活には欠かせない存在

ハイテク企業の技術革新により私たちの生活は随分変わりました。20年前にパソコンが世に出回りインターネットで検索するようになったし、今や会社では普通にパソコンを使っています。

今の時代、パソコンを使わない会社はないです。そのくらいパソコンというものは私たちの生活に馴染んでいます。

10年前にはスマホが世に出回り、今や人々はスマホをポケットに常に入れていますし、ポケットの中に入っていないと不安に思う人もいるくらいです。

スマホでわからないことや知りたいことが何でも調べられるようになったし、暇なときはゲームもできます。スマホで支払いもできますし、ブログも書けます。スマホも私たちの生活にはなくてはならない存在になりました。

10年周期に技術革新が起きている

このように10年ごとに画期的なものが開発される時代になりました。今も技術革新は常に毎日進んでいます。今後はこの開発スパンが短くなるかもしれません。

2020年は5G元年で、動画の世紀がおとずれると言われ、インフルエンサーは日々Youtubeに動画をアップロードし続けています。

また、AIも各企業が毎日しのぎを削って開発しており、2030年には完全自動運転自動車が全世界に8000万台走っていると言われています。こうして日々私たちの生活は変わっていくのです。

IT技術を引っ張っている代表的な企業

  • アメリカ企業:Google,Amazon,Apple,Facebook,Microsoft
  • 中国企業:Baidu,Tencent,Alibaba

これらの企業が今後、IT分野において革新的な技術を開発していくことは容易に想像ができると思います。

これらの企業に投資することは私たちが未来で使うものに投資することと同じことになるので投資してみても面白いかもしれません。

しかし、どの企業が私たちの生活に馴染む製品を開発するのかわからないので上位銘柄がITセクターをしめるQQQやS&P500ETFを買うなどリスク分散が大切なのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました