自己啓発書は3つのことしか書かれていない。

スポンサーリンク
オススメ記事

こんにちは。Korutesuです。

みなさん自己啓発書は読むでしょうか?

私は、面白いキャッチフレーズや有名になった自己啓発書は読んでしまうのですが、特に、自分の気分が上がらなかったりしたときに読んでいます。

個人的に、自己啓発書を読む人はこんな人だと思います。

「自分で稼いでいきたい」と思っているものの結果が出ていない人。

自己啓発書は主に成功者のストーリーなどが書かれているので、モチベーションのドーピングとしては、いいと思います。

さて、自己啓発書は本屋さんでたくさん出版されているのですが、結局書かれていることは、3つしかないのです。

スポンサーリンク

成功への3つのカギ

1、行動しろ

2、学べ

3、継続しろ

この3つしか基本的に書いていません。

どんなストーリーにせよです。

行動を起こし、誰かのもとで学び、継続することで成功が手に入るぞということをストーリーを通じて、読者に伝えようとしているのです。

大きく成功している人は、小さな成功を積み重ねています。

基本的には、小さな成功を積み上げていくことで、大きな成功を得ることができます。

ゆえに、いかにして小さな成功の数を増やしていくかということが大事になってきます。

小さな成功をどう増やすか?

そもそも小さな成功の数は何で決まるのか?

挑戦した数✖︎成功率=小さな成功の数

で、決まります。

つまり、一生のうちにいくつ小さな成功をしたかでその人の成功度合いは変わってきます。

1年間でどれだけ挑戦するか✖︎成功率✖︎何年それを継続したか

=一生の中の成功数

が出てきます。

1年間でどれだけ挑戦するか=行動力

成功率=学んでいるか勉強しているか

何年継続したか=どれくらい継続しているか

それぞれのパラメーターでその人がどれだけ小さな成功を獲得でき、大きな成功へとなっていくかを測ることができるのです。

全ての自己啓発書に書いてあることは、結局行動して、学んで、継続しろしか書いていないのです。

年間、10個しか新しいことに挑戦している人と100個挑戦しいる人だったら、後者の方が10倍成功する確率は、上がります。

全然勉強していないから成功率が1%の人と勉強しているから10%の人だったら、後者の成功率が10倍に上がります。

それを1年しか継続できない人と10年継続できる人だったら、後者が生涯の成功の数で見ると10倍ということになります。

10倍✖︎10倍✖︎10倍=1000倍となるのでこれを正しく行動している人は周りの人と比べて大きく差がついていくのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました