少額投資家はアメリカ株ETFで運用を!

スポンサーリンク
ETF
スポンサーリンク

ETFを活用しよう!

ETFのメリットは幅広く投資することによって個別銘柄の負の材料が出た時に大幅に下落することが避けられます。 

少額投資家に限らずほとんどの投資家は正しく企業価値がわからない場合はETF(主にS&P500ETF)で運用するべきです。

オススメのETF

第1位:IVV、VOO(S&P500)

これらのETFは、S&P500指数と連動しており、いわゆる市場平均と言われています。プロの投資家も10年間連続で市場平均を超えることは困難だと言われているので、かなりオススメのETFです。

第2位:VTI(アメリカ株ほぼ100%をカバーするETF)

こちらのETFは、上場しているアメリカ株ほぼ100%カバーしているETFです。VTIへの投資は、およそ4000銘柄への分散投資になります。成長の期待される無配の小型株だけでなく、成熟の高配当銘柄にも投資をしているETFです。

第3位:QQQ(ナスダック連動100こうパフォーマンスETF)

アメリカのハイテク企業をカバーしたETFです。上昇相場では高いパフォーマンスが期待でき、近年の上昇相場では、市場パフォーマンスを大きく上回っています。しかし、下落相場では、短期間に大きく値が崩れるリスクもあるため注意が必要。

ETFを活用すべき理由は2つ

  • 実際、正しく企業価値がわかっている投資家はほとんいない。
  • 個別銘柄に投資している人で長期で市場平均以上を叩き出すのはなかなか難しいのが現実。 

どんなに優れている投資家でも正しく企業価値がわかっている人はごくわずかです。市場を出し抜しぬくことは至極困難であり、逆に損をする可能性が高いです。

ETFは、市場平均(7%)を毎年パフォーマンスで出すことによって時間を味方につけ、着実に資産を増やすことが可能です。

短期間で莫大な利益を得ることは困難

ETFに投資をしていると広く分散されているのでたしかに下落は抑えられますが、上昇も抑えてします。

なので自分がこの銘柄なら勝負しても良いと思ったら勝負をしてみるべきだと思います。その勝負に勝ったなら自分に自信が持てます。 

やはり、大きく資産を拡大している投資家は大一番で大きく賭けています。

勝負をするべきと思った自分がいるなら勝負をしても面白いと思います。 

信用取引は、オススメしない

自分が勝負できる範囲で勝負するべきです。信用取引は、銀行や証券会社が利益を得るゼロサムゲームです。

レバレッジをかけることはたしかに勝った時大きく儲けますが、もし負けたときのダメージは悲惨です。

わたしは株式にレバレッジをかけることはおすすめしません。 

みなさんに良い投資を。

コメント

  1. […] 投資初心者は変に個別株を買うよりこのETF1つ持っておくだけでもいいかもしれません。特に私みたいな少額投資家の方はETFを利用した方がいいと思います。→少額投資家はETFで運用すべき […]

タイトルとURLをコピーしました