バブルとは

スポンサーリンク
アメリカ株
スポンサーリンク

バブルとは

バブルとは、なんなのでしょうか? 

バブル(Bubble):泡、あぶく 

バブルとは、価格が経済実態を超えて上昇することをいう。 

*「バブル経済」とは、泡のようにすぐに消えてしまう実態のない経済成長という意味。 

チューリップバブル

世界で一番最初にバブルと言われたのは、チューリップバブルでした。 1634年のオランダで品種改良が盛んに行われた頃のチューリップ市場が本来なら観賞用の価値しかないチューリップの球根が投機対象となり、人々は球根の売買に熱中しました。 

その結果、球根の価格は急騰し続け、最後には家一軒よりも高価なものが続々と現れました。しかし、何かの要因で人々の熱は冷め、瞬く間に価格は暴落した。 

これが、チューリップバブルです。 

やはり、技術が進歩するとバブルが起きることは昔から変わっていないようですね。 

ビットコインやアメリカ株

時は400年経ち、2019年、ビットコインやアメリカ株はどうでしょう? 

ビットコインの価格は2019年を境に暴落しました。

投資家たちは、熱を帯びていました。

この熱が冷めた時、価格は真っ逆さまに落ちていくことは歴史が証明しています。 

投資家たちも熱狂しているときは気づかなかったのですが、これにはこんな価値があるのか?とふっと気がつくのです。この実態的な価値に気がついた時にバブルは弾けるのです。 

今のアメリカ株は、買われすぎと言われており、一部ではバブルではないかとささやかれていますが、バブルは、早く売り抜けたものが勝ちます。 Goodluck!

コメント

タイトルとURLをコピーしました