ナイアガラのカジノに行ってきました。

スポンサーリンク
アメリカ株

ナイアガラにはトロントからすぐにいけるので、3回目です。もちろんナイアガラの滝にもいきましたが、何度も行ってるので写真だけとってアウトレットで買い物をしてカジノをしました。

友達4人とカジノに行ったのですが、掛け金がみんな少ないのでスロットをしました。

ある友達Aは、10ドルかけて、13ドルでゲームをストップしました。

これは個人的には賢い戦略だと感じます。増えた金額はたったの3ドルですが、かけた金額の30%勝っているので、ここで引き上げるのは賢いなと思ったわけです。

また、ある友達Bくんは、10ドルかけて、一旦は、13ドルまで増えましたが、そこからまだいけるとかけ続け、結局0になってしまいました。でも、やめられずに、また、10ドルを追加でかけ、それでまた0にしてしまいました。本人は、思い出だからいいと言っていましたが、カジノの沼にはまると、まだいけるまだいけるとかけ続けてしまいます。

また、友達Cは、10ドルをかけて、3ドルまで減ったので、そのまま現金にチェンジ。当たりがありませんでした。

友達Dは、50セントをかけ、いきなり当たりがでて、500ドルをゲット。完全なビギナーズラックでした。スロットで777を引き、500ドル勝ちでした。その子に、もうかけないで現金に変えたほうがいいと言ってその子は、500ドルをゲット。

私はというと、その日はカジノで勝てるという気分ではなかったので、ゲームはしませんでした。

スポンサーリンク

ギャンブルはよくない

ここで言えることは、カジノはマイナスサムゲームということです。カジノはかければかけるほど、負ける仕組みになっているのです。なので最初に勝った、友達Aと友達Dの逃げ切りは正しい判断となり、かけ続けた、友達BとCは、負けるという形になりました。

私たちは、パチンコ、競馬、カジノ、宝くじなどのマイナスサムゲームで勝負するのではなく、アメリカ株などのプラスサムゲームで勝負をしなければなりません。

もちろん、遊び程度にカジノで遊ぶのはいいとは思いますが、ほどほどにしたほうがいいです。調子に乗ると痛い目にあいます。

ちなみに、私は、1回目にナイアガラに行った時は、10ドルかけて10ドル負けて、ラスベガス行った時は、20ドルかけて20ドル負けました。

今回はその教訓を生かして、ゲームをしないという正しい選択をしたのかもしれません笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました