【複雑】新NISAは段階式になる

スポンサーリンク
ETF

今や銀行にお金を預けてもほとんど利息がつかない時代です。

そこで、NISAという制度を使い、貯蓄から投資へお金を向けることが重要になっていきます。

NISA(小額投資非課税制度)

小額で取引した株式・投資信託など投資の利益への税金が非課税になります。

通常、株式を売買した運用利益というのは、20%課税されるのですが、NISAでは、運用利益への課税は非課税です。

なので、資産を作っていくのに非常に有効になっていくわけです。

NISAについては、政府与党は、税制改正大綱に新しいNISA盛り込む方針を決めました。

スポンサーリンク

現在のつみたてNISAとNISAの表


一般NISA つみたてNISA
投資可能期間 2014~2023年(10年) 2018年~2037年(20年)
非課税期間 投資した年から5年間(ロールオーバーして最大10年間) 投資した年から20年間
投資可能額(年) 120万円 40万円
最大投資可能額累計 600万円 800万円
投資方法 上場株式(ETF,REITを含む)、投資信託 金融庁が定めた基準を満たす投資信託・ETF
投資方法 一括買付、積立 定期かつ継続的方法による積立

では、新しいNISA制度では何が変わるのか見ていきましょう。

まず、つみたてNISAは、期限が5年間延長することになります。

仮に2023年からつみたてNISAを始めたとしたら、2042年まで買付が可能になります。

また、大きく変わるのは、一般NISAです。

2024年以降は、現行の年間120万円の枠が2段回に分かれます。

まず、1階は、年間20万円の積立枠があり、2階には、これまで通り株などに投資できる年間102万円(投資枠)があります。

2階の枠は1階の条件を満たさなければ使えないようになりました。

つまり、年20万円を積立枠に使ってからではないと年102万円の投資枠を使えないということです。

この1階の積立枠はつみたてNISAの金融庁が定めた基準を満たす投資信託・ETFを買わなければなりません。

この新NISA制度は現在のNISA制度よりも積立を重視しています。

これは、将来へ安定的に資産運用して欲しいという狙いがあるのかもしれませんね。

しかし、投資なので常にリスクがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました