【レイ・ダリオ】若者に対する3つのアドバイス

スポンサーリンク
アメリカ株
スポンサーリンク

レイ・ダリオ、若者に対する3つのアドバイス

インタビュアー:私たちミレニアル世代に対して何か助言をいただけませんか?

レイダリオ:はじめに、1番の問題は前回の金融危機の経験が皆さんの脳裏に焼き付いてしまったことです。

おそらく、これから向き合うものと皆さんが経験したものは大分異なると思います。

私の両親は大恐慌を経験しましたが、その後の相場の盛り上がりを見逃しました。なぜなら大恐慌が頭の中に常に残っていたからです。

いろんな危機を見ることで、危機とインフレーションが繰り返されることを知る必要があると私は思います。

私は皆さんに3つのアドバイスをしたいと思います。

1、貯蓄について考えること。

いくら貯蓄に回しているのか?このように考えたほうが一番わかりやすいでしょう。

毎月、いくら私は使っているのか?いくら私は貯めてきたのか?

その貯蓄は何ヶ月分のものか?これが価値貯蓄です。計算してみてください。

貯蓄というのは、自由と安全の源なのです。

貯蓄がどういう意義を持つか考えてみてください。

これが1つ目です。

2、どうやったらうまく貯められるか?どういう資産に組み入れておけばいいか?

資産をどう運営すればいいかを考える人は現金という最もリスクの少ない投資が長期的な観点では最悪の投資であるということに気づくと思います。

インフレと税引き後の所得の上昇率を見ると、毎年2−3%のインフレ率に対して、所得が1−2%暗い増えたとしてもそこから税金が必ず取られます。

だから長期的な観点で見ると、現金以外の資産に投じなければならないのです。

資産運用において一番大事だと思うのは、「うまく分散させること」です。

あなたは、どれが良い資産なのかを選べる能力がなく、資産が災いのもとになることを私は保証します。

つまりは、あなたは間違った資産を買ってしまうと一生分の貯蓄の半分を失ってしまうということです。

だから、いろんな国の、いろんな種類の資産に分散させることを勧めているのです。これは話せば長いです。

繰り返しますよ。1つ目は、貯蓄について考え、負債について注意すること。

負債についても考えましょう。負債は貯蓄の手助けになったり、新たな所得を創りだすはずです。

時に、負債は家やマンションなどの資産を買うことに使われて、強制的に貯蓄することにもなるのです。

強制的な貯蓄はいいことなんですよ?

または、負債を資産に変えることに使うと、その資産は、また新たな所得を作り出します。

すると、その新たな所得によって負債が賄われたりもします。

ただし、ただの消費に負債を使うならば、それは良いことではありません。ただ危険を冒しているだけです。

話を戻すと、1、貯蓄と負債について考える。

2、現金以外の資産にうまく分散させる。そして、

3、自分の本能と逆のことをする。

もしあなたがゲームをすることになった場合、自分の本能及び大衆とは逆のことをしなければなりません。

なぜならば、市場は大衆を映す鏡です。誰もが買いたがらない時、買いたいと思い、誰もが売りたがらない時、売りたいと思いましょう。

これは感情的に難しいです。おそらくあなたは、このゲームで勝てないと思います。

様々な資源が必要なんです。弊社はこの部分に毎年数十億ドルを注ぎ込んでいます。非常に難しいのです。

この市場のタイミングを測るゲームについては皆さんに警告しておきます。

ただやるのなら、自分にとって居心地が悪い方法を勧めます。これがあなたの本能の逆だからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました