【ジャックマー】挑戦し続けること

スポンサーリンク
ブログ

これからの時代はテクノロジーがますます進化していきます。しかし、重要なことは、自分自身に投資し続けること。これは、いつの時代でも変わらないことです。 

時代が変わってもテクノロジーが進化しても自分自身が進化しなければ、結局なにも変わりません。

一番優良で一番安心できる投資先は、超名門の一流企業ではなく、自分自身に投資するべきだし、自分自身も何か行動をおこし、チャレンジすることです。 

こういうことは、とても大切です。その補助として、テクノロジーを利用していきます。 

失敗しても、何度も挑戦していく。

スポンサーリンク

失敗しなければ、成功はできません。

挑戦はとても重要なことだし、勇気が必要です。そんな挑戦をしている新しいことをしている自分を少しでも褒めることも忘れてはならないかもしれません。 

ジャック・マー会長は30歳まで落ちこぼれでした。

しかし、何事もあきらめなかったから今成功しています。 

彼は、こう言いました。

「貧乏マインドの人に尽くすほど最悪なことはない。

何かを無料でプレゼントしたら「これは罠だ」と非難する。


「少額投資で大丈夫」というと、「じゃあ、儲からないじゃん」と文句を言う。

「多額の投資が必要」というと、「そんな金ない」と文句たらたら。


「新しいことに挑戦しよう」と誘うと、「経験がないから無理!」と諦める。

「伝統的なビジネスだよ」というと、「じゃあ成功しないね!」と却下される。


「新しいビジネスモデル」というと、「ああ、MLMか」と決めつける。

「店を経営してみたら?」というと、「自由がなくなる!」と主張。


「起業してみたら?」というと、「プロじゃないから無理」と受け入れない。

貧乏マインドの人たちの共通点とは、グーグル検索が大好きで、似たような貧乏マインドの友人の話ばっかり聞いて慰めあってる。

口先だけは大学教授なみ。


でも行動は、盲人以下。

彼らにこう聞いてみて。

「じゃあ、あなたは何ができるの?」

何も答えられないから。」

あきらめることは簡単にできますが、挑戦し続けることは実はとても辛いし、きついです。 

しかし、人生なにが起こるかわかりません。挑戦し続けたら、あきらめなければ、将来大成功を収める可能性は誰にもあるのです。 

私自身、まだ22歳とまだまだ、時間があります。さまざまなものに興味を持ち、挑戦し、失敗や成功をして自分をアップグレードしていくことに努めていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました